あなたのVIOライン!アンダーヘアはボサボサになっていませんか?日頃からボサボサ感でうっとうしく感じてしまったり、外観などもよくないなどでアンダーヘアの毛の処理に結構お悩みの人もいるのではないでしょうか?確かにアンダーヘアの処理に悩んでいるけれど、自分でハサミやカミソリを使用して簡単に処理をしていませんか?はさみやカミソリなどで毛を切ってしまうとチクチク感でとても最悪な感覚になることもありますので気をつけましょう!そうならないためにもこの度、はさみやカミソリ・あるいは線香などを使わない方法で、アンダーヘアを自己処理するときにとても役立つヒートカッターという商品を詳しく見て行きたいと思います!(^^♪

 

1.アンダーヘアを処理するときにはヒートカッターが良い理由とは!

例えば、アンダーヘアーといえばVIOエリアですが、デリケートな部分でもありますので、毛がモサっとしていてもなかなか自分で自己処理となると心配ですよね。ですがボサボサのままアンダーヘアーの毛を放置しておくのはできないと女子も多いと思います。

 

では、どのような方法でアンダーヘアの処理をやったらいいのでしょうか?アンダーヘアー処理って自己処理でやる方法やサロンでプロに処理してもらう方法など、実はいくつか方法があるのは皆さん知っていると思います。先ほど説明した自分でアンダーヘアーの毛を処理する自己処理での方法では、はさみをやかみそりを使って毛を切ったりするのが一般的です。でもですね、はさみやカミソリで自己処理をするとなると毛の断面が鋭利に尖ります。この鋭利な毛先が伸びたときに皮膚にあたったりして意外とチクチク感がすごく嫌な思いをされた方もいらっしゃいます。他の方法で、脱毛テープを使用しアンダーヘアーの毛に張り付け一気にはがして毛を抜いて処理するやり方あるんですが痛いですし、VIOラインは目で見えない所でやりずらいので脱毛テープを使用した後の粘着分のべたべたした物を取り除くのが厄介です。

 

もう1つの方法では、アンダーヘアーの毛を自宅で自分で自己処理せずに、外出してサロンなどのプロに処理を任せてしまう方法です。プロなのでVIO処理など、アンダーヘアーの処理が安心してやってもらえると思います。ですが、プロに任せるとデメリットも出てきます。それは脱毛いうのは期間がかかり、費用もそれなりに必要になるからです。安いサロンに行けば!と思いがちですが低価格のサロンで施術してもらうと、もちろん光脱毛などの費用面では安いので継続もできると思いますが、すぐに効果があるわけではないのです。完璧に処理をするためにもっと費用をかけて医療レーザーなどの脱毛施術を受ければ期間も短く脱毛処理はできると思います。問題は費用面では高いので気になる方が多いと思います。

 


ミュゼ大人気の部位がまとめておトク!

じゃあもっとそんなにお金をかけないで安心な処理方法はないの?・・・実はあるんです!自分でアンダーヘアの自己処理ができ、とても役立つのがヒートカッターになります。!このヒートカッターを使えばアンダーヘアーの毛を自分で自己処理することができる方法になります。ヒートカッターがよい理由は仕組みが簡単だからです!ヒートカッター先端のコームの部分にある熱線が熱で温まりますのでそれで毛を焼いて切ることができるという商品になります。多分デリケートゾーンにヒートカッターの熱線を近づけるなんて平気なの?って不安に思う方もいるでしょう、ですがヒートカッターの熱線は安心で、しっかりプラスチックでできているプロテクターというカバーのようなものがあるので、直接熱線が触れるといった心配もないく、特に火傷をする心配もないのです。よくヒートカッター口コミを参考に線香などで焼き切る方もいるようですが、それに比べ遥かに安全で早いです!ヒートカッターと他のいろいろなアンダーヘアーの処理方法、脱毛方法と比較してどんなメリットとデメリット存在するかを見てきましょう!

 

1-1.ヒートカッターのメリットはどんなとこ?〇

ヒートカッターはアンダーヘアを自分で自己処理するときのグッズの中ではおすすめということです。違う方法で、身近にあるアイテムのハサミやカミソリを使用していた場合のアンダーヘアーの毛の処理では、あとから、毛が伸び始めてきた頃からチクチクっとした感覚がでてきてしまいます。一方、ヒートカッターを使用した場合、熱で毛を焼き切るので、しっかりと毛の先端をを丸くしてくれますので、後からくるチクチクっとした不快な感覚はありません。

 

アンダーヘアを自分で処理してみて、もしチクチクって感じる時というのは、女性だけではなくて、セックスなどの行為中に男性にもチクチクが感じられますので相手に少し違和感を与えてしまうこともあるので、できたらアンダーヘアーの毛の先端はヒートカッターを使いちゃんと丸くして柔らかい毛にしておく方が性行為の時は安心かもしれないですね。ヒートカッターのいいところは誰でも簡単に購入できることですね。せっかく欲しいと思っても簡単に手に入れられなくては意味がありません。そんなにヒートカッターはまだ商品ラインナップはないのですが、店頭でさがすならあの有名なドンキや家電量販店といったメジャーなお店に並んでいますので比較的容易に誰でも手に入れることが可能です。更に店舗だけではなくインターネットの通販サイトアマゾンでももちろんありますし、店舗より品揃えや製品のラインナップ種類が豊富ですので、自分好みの気に入ったヒートカッターが見つけられると思います。価格帯も気にするほど高いものではありません。大体3000円弱で買うことができちゃいますよ!

 

長さの調整が自分で決められますので、希望の長さに決めて処理することが可能です。サロンなどで脱毛処理を依頼するとなるとアンダーヘアの長さの調節やデザインについては、あまり依頼しても難しいところがあるでしょう!ですがアンダーヘアの毛がすべてないパイパンていうのも嫌いな人もいます。ですから、やはり自らが好みのアンダーヘアのスタイルや長さの調節ができれば、見た目の悪いモサモサした毛からは解き放たれるし、サロンのように他人に見られて恥ずかしい気分にならないという2つのメリットがあるんですね。!

 

1-2.ヒートカッターのデメリットについて〇

今までにヒートカッターのことについて大分説明しましたが、特にわかりやすく言うならば、ヒートカッターはデリケートゾーンのムダ毛の処理には向いている商品グッズですね!しかし、メリットばかりではありません。違うアンダーヘアーやムダ毛の処理方法と比較してみてのデメリットもちろんあるんですね。どんなデメリットがあるかといいますと、ヒートカッターは火傷から保護するために先端の熱線がある部分のところがプラスチックで囲まれているので、カミソリなどのようにアンダーヘアのかなり根元のほうから毛を切ることができないのが1つです。完璧につるつるのパイパンにしたいならそれはカミソリで根元から処理するか、サロンで脱毛をしてもらうなどの別の方法を選ぶ必要がありますね。デリケートゾーンなどもそうですが、自分の目でよく見えない部分では、お肌が細かな曲線を描いているところもあります。そうなるとヒートカッターでの処理も少し困難な場所もあるかもしれません。永久脱毛と違って、また毛が生えてくるので、定期的に皆さんはにおよそ1週間とか2週間ぐらいに1度、ムダ毛を処理をヒートカッターにてしているようですが、初めての方ですとヒートカッターの正しい操作に慣れる時間がすこし必要かもしれませんね!

 

2.ヒートカッターの使い方や正しい使用方法・コツについて

ヒートカッターは役割はもうご存知だと思いますが、軽く熱線を毛に当てる作業だけで、今までアンダーヘアーの大変だった自己処理も容易に焼き切って整えることが可能です。更に容易に、美しくっしたいのであればアンダーヘアの処理の方法にもコツというものが必要になりますね!ヒートカッターを使ってなるべくデリケートソーンなどをキレイにするために、良い活用の仕方や使い方やコツといったものを紹介します。!

 

2-1. アンダーヘアのデザインはどんな感じにするのか考える

まず始めにアンダーヘアのイメージを形ち作りましょう。ヒートカッターで今までにアンダーヘアを処理をやった事のある人は、経験からどのあたりまでに毛が生えているとか、周辺の範囲や量、密度についてもわかっているとおもいます。アンダーヘアーの毛は人にってもそうですが、毛の生える部分によっても違いがあります。ですので、ヒートカッターを使って処理する場合には長さをどのくらい切るのか、残すのかなど処理する前にしっかりと考えておきましょう!

 

皆さんはどんなVラインの形にデザインしますか?!(^^♪人によって考え方はいろいろですが、一般的な形と言えば逆三角形のデザインが多いと思います。また可愛いい感じのハート形や星形を盛り込んで自分だけのVラインの形にする人もいらっしゃます!あまり恥ずかしがらずに、Vラインのデザインなど、アンダーヘアの形は可愛い形などに少しいじってみても面白いかもしれません!

 

2-2. ヒートカッター先端のコームを使いアンダーヘアーの毛をキレイにとかそう!

人により違うかもしれませんがほとんどの方はアンダーヘアの毛はチリチリっと縮れているかと思います。アンダーヘアーの毛が縮れている状態でヒートカッターで処理をすると、処理した時の毛の長さが長かったり、短かったりと不ぞろいになり、後からバラバラの長さを整えるための処理が必要なので作業が難しくなります。パンツだったりショーツの当たり具合では、アンダーヘアーの毛並みが揃ろわず、毛並みがよくないときもあり上下方向や、左右の方向への毛並みがあちこちに向ていますので、この毛並みや方向なども整えあげましょう!。もしアンダーヘアのVラインに使っても気にしない方であれば、眉毛のラインに使うアイブロウなどのブラシで整えると細かな作業も楽にできるので比較的やりやすいかもしれませんね。アイブロウのブラシ以外でしたら小さめのヒートカッターのコームを使ってあげれば、意外と細かい場所や奥の方までアンダーヘアの毛をきれいに梳いてあげることが可能だと思います。

 

2-3.デザインが決まって整えたら!ヒートカッターでカットしよう!

前回まででアンダーヘアをとかしたり、デザインについて触れました!デザインも決まってとかし準備ができたならヒートカッターのを使う時です!ヒートカッターはまとめてたくさんは切ることができませんが、大体一回に切れる本数は10本~20本くらいを安全に焼き切れます。アンダーヘア毛の先端を手で持ってあげて軽く引っ張ります。そうすることでヒートカッターで整えやすくなりますので、自分の決めた必要な長さに合わせてヒートカッターの熱線で切ってあげましょう!ご存知かと思いますが、ヒートカッターの焼き切るための熱線にの周りにあるプラスチックの役目はコームといって火傷を防ぐ役割もあります。ですが1回の処理でたくさんのアンダーヘア当てようとするとうまう行かない事があるので少し時間がかかっても、丁寧に10~20本ずつの毛の本数で処理してあげるのがおすすめな方法です!

 

ヒートカッターのを使用する際、熱線を使いますのでもちろん火傷などについても注意が必要ですが、他にも何個かありますので安心して使うためにも見ておきましょうね!。例えばアンダーヘアーを力を込めて引っ張らないことです!あまりに力ずくで毛を引っ張ってしまえば、これから処理しようとしている大事な毛がヒートカッターの熱線を当てなくても引っ張った勢いで切れてしまいます。そうなると毛の先っぽが鋭利になるので優しく引っ張りましょう!イメージ的には軽くふわっとアンダーヘアの毛をもってヒートカッターで焼き切る感じを意識していただけると良いかもしれません(^_-)-☆

 

プロテクターがあるの安全に作られていますが、ヒートカッターには触ったら熱い熱線がありますから少し間隔をあけて、あまり近づけすぎないようにしましょう。!もし使用をしていて熱いって思ったら早くに肌から話してあげれば危険を回避することができます。もう一つはヒートカッターは電気を使用しますので水に濡れてしまうのには貧弱です。また水に濡らしてしまうことで電気で感電することもありますしせっかく購入したヒートカッター本体が壊れて破損してしまう可能性も考えて、お風呂場や洗面所等で使用すると水濡れもありますからできたら使用を控えましょうね!そしてヒートカッターでアンダーヘアを焼き切る際には、毛が焼ける臭いがしますのでしっかり換気をします。換気をしてあげないと毛の焼けた臭いがお部屋にこもりますから、まずは換気して、一度少しだけ毛をテストで焼いてみると臭いについてはわかりますので調整しながらうまくやりましょうね!

 

ヒートカッターだけではVラインの端から出てしまったエリアは切ることができませんから、その場合は上手にに処理出来なければ他のやり方でカミソリを使用することも仕方ないのですが、使用しましょう!ヒートカッターではカミソリほど短くすることはできません、短く毛を切らなければいけない部分やエリアがあれば毛が少し残ってしまうのでそういう場所にはカミソリを使う方法もひつようになりますよ!

3.とても評判が良くておすすめしたいヒートカッターです。

ここまでくればあなたもヒートカッターの正しい使い方やアンダーヘアの自己処理についてマスター出きたかと思いますので使用してみたくなると思います!やはり安全が第一ですので安全面でもよくて、ヒートカッターを使用しているユーザーの方から評判が良いヒートカッターおすすめしたい物をご覧ください!

 

3-1.VライントリマーLCオリジナル!

ラブコスメはご存じですか?このVライントリマーはLC(ラブコスメ)の製品のヒートカッターで有名ですね!現在でも女性の性に関するたくさんの悩みを真剣に受け止めてきたLCラブコスメなので、やはり見た目の可愛さやいいデザインで、安全にも考慮してあるので気軽に使えるヒートカッターを製造販売されていますよ。およそ7ミリくらいのアンダーヘアなどの毛はそろえることが可能です。30分間は連続使用もできるようですので時間もたっぷり持ちます。製品の保証もちゃんと1年間期間がありますので気にせず安心して購入できるかと思います。

>>LC Vライントリマー<<

3-2.ラヴィア ボディケアシリーズ

ビキニラインを美しくするのに使えるのがラヴィアです!ヒートカッターにはいくつかタイプ1つだけの形だけではないんですね。IタイプやT字タイプのヒートカッターもそれぞれ販売されています。ヒートカッターの色など、カラーバリエーションはオレンジとピンク、他にはグリーンホワイトなどから選択することができますので当てはまる色もきっとあるはずです。色がいいと製品のデザインも楽しめるのですごく興味深いと思いませんか!?ヒートカッターの連続使用時間は30分です。

ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー(長さ揃え用アタッチメントコーム付) ピンク・5001-08

ヒートカッターの事をまとめます。

今までアンダーヘアの処理に必要な基本的な事、正しい使い方メリット・デメリット、さらにはヒートカッターのおすすめ商品もご紹介しました。正しい使用方法ヒートカッター使いキレイで整ったアンダーヘアにできます。使用に少しずつ慣れる時までは、今回の方法も忘れずに参考に意識して是非処理に役立ててくださいね!だんだんと正しい使用方法に慣れてくると、今まで大変だったアンダーヘアの処理作業が全然楽になるので頑張りましょう!アンダーヘアの処理をお考えのあなたも利用してみてはいかがですか?!♡